葉酸が多く含まれる食事で必要摂取量を補うこと

葉酸が含まれる食品は思いの外多く、普通にバランスの良い食生活が出来ているのであれば、一般的に極端に不足するような心配はないと言えます。例えば、葉酸というビタミンを発見する切っ掛けとなったホウレンソウには100gあたり210μgの葉酸が含まれており、効率よく摂取する上では100gあたり1000μgをを越える葉酸が含まれている鳥レバーや豚レバーなどが良いとされています。

 

葉酸の1日の推奨摂取量は成人で240μg程度ですが、妊娠中は必要量が倍程になりますので、最低でも400μg、上限は1000μgほど摂取しすることが理想的です。他にも身近な食品で言えば、納豆には120μg、卵の黄身には100g中で40μg、焼き海苔などには2000μg近い葉酸が含まれています。果物ではイチゴやマンゴーなどが優秀で100gあたり100μg前後の葉酸が含まれます。

 

これだけの食品が揃えば、普通に食事していれば十分!と思えるところかとは思いますが、元々の好き嫌いもあれば、つわりによって好みが変わってしまうケースも多々あります。また毎日これだけの食品をしっかりとバランス良く摂取するということは、なかなか難しいことだったりするのではないでしょうか。果物などで言えば旬もあるでしょうし、コスト面を考えても毎日続けるのは厳しいと感じる食品もあるかと思います。

 

そう考えてみるとやはり葉酸サプリを用いて葉酸を補っていく方が、効率的に日々の摂取量を維持していくことができると言えます。だからこそ、葉酸サプリは妊婦さんに選ばれる人気サプリメントになっている現実がある訳ですね。