葉酸は神経管障害を予防してくれる

妊娠してから慌てて葉酸をとろうと思った人は「いつからとるのがベストなのか?」ふと思ったことがありませんか?
一応、妊娠3カ月までとは書かれていますが、葉酸をいつからとるべきだったのかはよくわからない人は多いと思います。

 

神経管障害を気にするのであれば、やはり妊娠3週前後に摂取するのが一番です。
でも、神経管障害にこだわらないのであれば、私は別に妊娠初期だけ葉酸が必要という訳ではないと思います。

 

というのも、葉酸サプリメントっていうのは、実は妊婦以外にも利用できる効能があり、がん予防から冷え性の改善まで、様々な目的で利用することができます。

 

というのも、葉酸には造血作用という血液を増やす効果があるのです。
体内の血液量が増えれば、それだけ血行が良くなりますので、冷え性も改善する可能性が出てくるのです。

 

冷え性が改善して結構が良くなれば、血行不良が原因で引き起こされる腰痛や肩こり、薄毛などの問題にも効果が期待できます!

 

妊娠中は、どうしても胎児のことばかりを考えてしまいますが、葉酸サプリメントは普通の人が利用しても、メリットが大きいので、私は産後も使い続けて見れば良いと思います。
体質に合わない人は、止めた方が良いですけどね。